エストニア語を学ぼう。

エストニア語は、ウラル語族・フィン・ウゴル語派・バルト・フィン諸語に属する言語です。
エストニア語の話者は約110万人です。
フィンランド語に近いのが特徴です。

南エストニア方言とタリン周辺で使われる北エストニア方言の2つの方言があり、北エストニア方言が現在の標準語のエストニア語となっています。

エストニアにはドイツ系移民が多いのでドイツ語の影響を強く受けている語彙が多いです。

エストニア語の文法

エストニア語の名詞に性はないが、単数と複数の数があります。また14の格変化があります。
形容詞は名詞と同じくに数および格変化があります。
動詞の不定詞は2つあり-ma不定詞と-taまたは-da不定詞があります。

エストニア語の発音

母音の長短には短・長・超長母音の三段階の変化があります。
ウラル語族の特徴である母音調和は今はありません。
また母音に挟まれた無声音T、K、Pは促音になるのが特徴です。